モンクレールのライトダウン(ダニエル)をレビュー(着用感やサイズ感、ディテール等)【MONCLER】

モンクレール_icファッション

今回は、「モンクレールのライトダウン(ダニエル)の1シーズン着用レビュー」をお届けします。

特にこの記事を読んでほしい人
  • MONCLERのライトダウンの購入を悩んでいる人
管理人「Y」
管理人「Y」

服好きの私がお届けします!

筆者はこんな人ーファッション好き!
  • 学生時代、東京コレクションでもインターン経験あり
  • 服を年間100万円近く購入していた時期あり
  • COMME des GARCONS、sacai、Maison Margiela、MARNIなどを愛用
  • ブログ村 メンズファッションランキング 1200ブログ中2位獲得!

購入したきっかけ

MONCLER_ダウン

私が今回購入したのは概ね以下の理由です。

  • 秋〜春まで幅広く使えるライトアウターを探していた
  • なんだかHERNOを購入してからダウン所有欲が高まった
  • 高級ダウンの代名詞であるMONCLERを一着ワードローブに加えておきたかった

ライトアウターって結構選択が難しいアイテムだと思うのはわたしだけでしょうか。

レザー系のアイテムは私には雰囲気が合わない、トレンチコート等の生地感はいまいち好きになれない、といった具合で、選択肢が絞られていきます。

そして、今まではMA-1系のシルエットのブルゾンを比較的愛用していたのですが、ちょうど室内で愛用していた無印良品のライトアウターを気に入っていたこともあり、外出時にも着れるライトダウンを購入しようと思いました。

「MONCLER」をさくっと紹介

MONCLERについて、さくっと紹介します。

<ブランド概要>
  • フランスで1952年に誕生したブランド
  • 名前はフランスの地名から由来
  • 創業当初より、アルピニストの要望に応えるべく、高機能なダウンを製造
  • 近年では、高級ダウンの代名詞的存在に
  • 多彩なコラボや、ダウン以外のアイテムも活発に展開中

個人的には、高機能のダウンを製造していた背景を上手く活用し、モードとかけ合わせたブランドビジネスを展開することに成功した会社だな〜と思っています。

管理人「Y」
管理人「Y」

日本での人気の火付け役は木村拓哉さん主演のドラマだとか!

そして、MONCLERは以下のことを満たしてくれる貴重なブランドだと考えています。

<個人的注目ポイント>
  • モードで先進的なデザインを積極的に取り入れた都会的なデザイン性
  • カジュアルアイテムであるダウンを、ファッションアイテムに昇華させてくれる安心感

デザイン性については、高級ダウンはどうしても機能優先のアイテム・ブランドも多い中で、タウンユースに特化したデザイン性の高さが魅力です。

また、中でもデザインのバリエーションの豊富さは随一であり、シーズンごとに多くの新作が発表されることも魅力です。

また、日本でもラグジュアリーなファッションアイテムとして広く認知されており、カジュアルアイテムであるダウンをおしゃれアイテムとして、着用できることも大きなメリットかと思います。

管理人「Y」
管理人「Y」

都内で着用されている方が多いのは、デザイン性とブランド力がニーズにマッチしているのだなと思います!

<偽物対策について>

MONCLERはブランド力の高さから、コピー品も多く出回っているようです。

そのため、チェックナウという仕組みを導入ています。

QRコードやシリアル番号をwebサイトを通じ、本物であることを確認することができます。

こうした対応にも力を入れてくれています。

MONCLERのライトダウンはこちら!(かなりお買い得になっています)

「モンクレールのライトダウン」レビュー

デザイン

標準的なライトダウンのシルエットに、首元の襟やファスナーの部分にストライプがあしらわれたモデルです。

現行の一つ前のモデルを購入しました。

色味はダークネイビーです。

見る角度によっては、黒にも見えますが、黒よりも少し軽い印象を与えられます。

MONCLER_ダウン

MONCLERのアイコニックなデザインの一つである、左肩のワッペン。

このモデルはワッペンの主張も控えめで、いい感じです。

最近は大きなワッペンのアイテムや、シルエットだけのアイテムも存在していますが、いずれも分かる人には「この人MONCLER着てるな」とひと目で分かります。

MONCLER_ダウン

ストライプについては、トリコロールカラーです。

ラインが細く、主張が控えめである点も良いです。

他社含めて、あまりこうしたデザインのダウンは見かけたことがなく、気に入りました。

管理人「Y」
管理人「Y」

カジュアルなデザインを絶妙な塩梅で取り入れています。

MONCLER_ダウン

ジップやボタンにもMONCLERの表記があり、このあたりは流石のこだわりです。

MONCLER_ダウン
MONCLER_ダウン

首元が若干高さが取られています。

MONCLERのブルゾン的なシルエットのダウンでは積極的に取り入れられています。

この若干の高さが風よけになってくれるので、マフラー等が不要になりおすすめできる点です。

あとは少しモードよりな印象を与えるので、アイテム全体として締まりのあるデザインになります。

MONCLER_ダウン

続いて、背後のショットをお届けします。

細かくライン取りがされていて、小綺麗な印象を受けます。

ウエストなどが絞られている様子は特になく、オーソドックスなシルエットです。

もう少しこのあたりもモードらしさを取り入れても良いのではないかなというのが個人の感想です。

MONCLER_ダウン
標準的なデザインのダウンをお探しの方はこちらから!

着心地・サイズ感

MONCLER_ダウン

私はサイズ0を購入しましたが、こちらがいわゆる日本のSサイズに該当すると思います。

165cm、46kgで少し横幅が大きいかなといった印象です。

165-170cmの細め〜標準的な体系の方が、スマートに着れるサイズ感です。

また、着心地は他社のダウン等と比較しても、大きなはないと思います。

しかし、サイズ感を間違えずにチョイスすれば、キレイなシルエットに見えるように設計されている印象は受けます。

その他:無印良品のライトダウンとの比較

こちらは三年間愛用した無印良品のライトダウン。

比較して一番感じたことは生地の頑丈さです。

MONCLERの方が、生地が固く、キレイなシルエットを維持できるようになっています。

管理人「Y」
管理人「Y」

このあたりの作り込みはさすがです!

保温性についても、シルエットを維持しつつもMONCLERの方が、多くのダウンをつめている印象があります。

決定的に温かいということはありませんが、流石に大きな価格差があるだけに性能差を感じます。

管理人「Y」
管理人「Y」

無印のライトダウンもコスパが高く、インナーウエアとしておすすめです。

スペック

主な項目を以下にまとめました。

型番ダニエル
ブランドMONCLER
価格
(メーカー定価)
12万円台(シーズンによって差異あり)
※並行輸入品の場合、8万円程度から購入可能
生産国 ルーマニア、等
素材ナイロン、ダウン、フェザー
「MONCLER ライトダウン スペック
管理人「Y」
管理人「Y」

高価格化が進行しているMONCLERの中では、ライトダウンと言うこともあり、お求めやすい価格になっています。

MONCLERの特徴の一つである光沢感のある素材を使ったモデルはこちら!

まとめ

MONCLER_ダウン

タウンユースができ、ファッションアイコンとしてダウンを着用できる点において、MONCLERのライトダウンは使い勝手の良いアイテムだなと思います。

ダニエルのように少しデザインが入っているモデルであれば、他の人と被る可能性も減りますし、自分の中で少し特別感を持てるのではないかなと思います。

ダウンでもおしゃれに手を抜きたくない人は是非、一度手にとってみてはいかがでしょうか。

にほんブログ村 にほんブログ村へなもなき外資系コンサルタントのAll About - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました